一生に一度の結婚指輪

一生に一度の結婚指輪

結婚指輪は永遠の愛と絆を願うものです

結婚指輪の由来は、9世紀の古代ローマ時代始まった習慣だと言われています。その当時のローマ法王が約束事を誓約する証として使われていた鉄の輪を、結婚の誓いとしても使用したのがその始まりだとされています。 ヨーロッパでは、それ以来何百年も続いて来た風習ですが、指輪を交換すると言う儀式が日本で定着したのは、50年程前からと比較的新しい習慣なのです。
結婚式で新郎新婦が指輪を交換するのは、夫婦として共に歩んで行く誓いを形に表す事であり、丸い指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴する意味も込められています。この様に夫婦の絆を深め、愛情が永遠に続くようにと言う祈りが込められているのが結婚指輪なのです。 人の10本の指には、それぞれに意味があるとされており、左手の薬指には愛の絆を深め、願いを実現すると言う意味があり、それで結婚指輪は左手の薬指にはめられるのです。
結婚指輪は材質もチタン、ジルコニュウム、パラジューム、プラチナ、ホワイトゴールド、シルバーなど色々な種類があり、またデザインもペアリングの他にも色々とあり、好みで選ぶ事が可能です。
しかし基本的に常日頃指にはめ続けるものであり、装飾性以上に長期間の使用に耐えると言った実用性を重視して選ばれる傾向が強く、価格帯としては10万円前後のものが選ばれる事が多いものです。

結婚指輪は意外にシンプル

結婚指輪を見たことがありますか?結婚式に参加した時に、夫婦が交換をしているあの指輪です。婚約指輪と異なり意外にもシンプルなデザインのものが多く、知らなかった人はビックリことも。婚約指輪は男性から女性に送るものですが、結婚指輪は男女両方にあります。これは結婚式のあと、日常生活でも装着するためにです。この指輪を見ると、この人は既婚者なのかということがすぐにわかるでしょう。また普段つける指輪であるために、シンプルなデザインになっています。あまり凝ったデザインや宝石の多い物は、日常生活では適しません。 そして価格はどのくらいでしょうか?結婚指輪の材料はシルバーであることも多く、宝石もつかない場合には、指輪の価格も婚約指輪と比較すると安価です。また夫婦二人の分を用意するので一つ分の予算を少なく抑えようという人も多いのです。
しかし結婚指輪はこの先一生使用するものです。これを見るたびにあーこの時の結婚式はどうだったな…と思い出にふけることも多いでしょう。また夫婦でけんかをしてときにもこの指輪を見て相手を思い、アー仲直りをしなくてはと思うきっかけにもなるのです。まさにこの指輪は絆を深めてくれる指輪なんですね。

Valuable information

GREEN ZONEはサバイバルゲーム施設の予約などを請け負っております。お気軽にお問い合わせください。

サバイバルゲーム 千葉

「無料での自動二輪廃車サービス」が実現できました。

原付 廃車

船橋市の訪問ペット火葬(葬儀・お葬式)ならオーナーズアイ千葉

ペット火葬 船橋

ノベルティ探しでお困りの際は、ぜひお問い合わせ下さい

ノベルティの作成

丹誠込めて作った安心野菜を通販でお届けします。

有機野菜の宅配

LINE掲示板sagaasuはLINEのIDを交換して趣味友達をみつけることができるアプリです。

line 掲示板

Last update:2016/7/15